新宿区 Shinjuku City

Menu
現在のページ
新宿区のホームページ > 外国語版トップページ > 住所の手続き・税金 > 確定申告のお知らせ

確定申告のお知らせ

2018年分確定申告書の受付期間と納期限

税目 期間 納期限
所得税及び
復興特別所得税
2019年2月18日(月)から3月15日(金)まで
※還付申告書の提出は、1月4日から受付しています。
2019年
3月15日(金)
贈与税 2019年2月1日(金)から3月15日(金)まで 2019年
3月15日(金)
個人事業者の
消費税及び
地方消費税
2019年1月4日(金)から4月1日(月)まで 2019年
4月1日(月)

申告書の作成会場を「ルミネゼロ(NEWoMan5階)」に開設します

【開設期間】2019年2月18日(月)から3月15日(金)
※開設期間中の土曜日及び日曜日は開場いたしません。ただし、2月24日及び3月3日の日曜日は開場いたします。
※無料の駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

【受付時間】8:30から16:00まで(相談は9:15から)
※混雑の状況によっては、長時間お待ちいただくこともありますので予めご了承ください。なお、混雑の状況によっては、受付を早めに締め切ることがありますので、お早めにお越しください(特に開設初日、日曜日の開設日、最終週は特に混雑が予想されます。)。

【会場】渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 新宿駅新南エリアNEWoMan5階
○新宿・四谷・中野税務署の3署合同会場です。
○各税務署内では確定申告書の作成・相談は行っておりません。
○作成済みの申告書等は、所轄の税務署窓口(土曜日・日曜日及び祝日を除きます。)にお持ちいただくか、郵送にてご提出ください。

税務署でIDとパスワードを取得して、e-Taxで確定申告始めませんか

「ID・パスワード方式」のご利用方法は、以下のとおりです。

① 税務署でIDとパスワードを取得
※本人確認書類(免許証等)があれば、どこの税務署でも発行可能

② パソコンやスマホで国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー(www.keisan.nta.go.jp)」にアクセス

③ ①のIDとパスワードを入力し、申告データを作成したら、そのままe-Taxで送信

以上で申告手続きは完了。源泉徴収票等の書類の提出も不要です。

※IDとパスワードを取得されていない方でも「確定申告書等作成コーナー」で申告データを作成し、プリントアウトして郵送等で税務署に提出することもできます。この場合、申告内容に応じて源泉徴収票等の書類を添付する必要があります。

医療費控除には明細書の添付が必要です

2017年分の確定申告から、医療費控除の申告には「医療費控除の明細書」の添付が必要になりました。明細書は、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)からダウンロードして入手できます。

※医療費の領収書は、自宅で5年間保存する必要があります。
(税務署から求められたときには、提示又は提出しなければなりません。)
※2016年分まで申告時に使用していた「平成○○年分 医療費の明細書」(領収書を入れるための封筒)は税務署に用意しておりません。

(注)2017~2019年分までの確定申告では、従来どおり、確定申告書に医療費領収書の添付又は提示をすることで医療費控除を申告することもできます。

申告書にはマイナンバーの記載を忘れずに

2016年分以降、所得税及び復興特別所得税・消費税及び地方消費税・贈与税の申告書には、税務署へ申告書を提出する都度、マイナンバーの記載及び本人確認書類の提示又は写しの添付が必要です。

《本人確認書類(番号確認書類と身元確認書類)の例》
①マイナンバーカード(番号確認書類及び身元確認書類を兼ねています。)
②通知カードなど(番号確認書類)+運転免許証など(身元確認書類)

※郵送で申告書を提出する場合は、①の写し(表裏両面)又は②の写しを添付してください。
※ご自宅からe-Taxで送信する場合は、本人確認書類の提示又は写しの提出は不要です。

公的年金等の申告不要制度

公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税等の確定申告の必要はありません(ただし、住民税の申告が必要な場合があります。)。ただし、申告の必要がない場合であっても、所得税等の還付を受けるために確定申告書を提出することができます。

区役所で確定申告書を提出できます

確定申告書の提出のみであれば、区税務課(本庁舎6階)でも受付をしております。
ご提出の際には、申告書へのマイナンバーの記載と本人確認書類の写しを添付してください。

【受付期間】2月18日(月)~3月15日(金)(土・日曜日を除く)

消費税の申告も忘れずに

個人事業者の方で、2016年分の課税売上高が1,000万円を超える方は、消費税及び地方消費税の確定申告及び納税が必要になります。
申告書は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で作成することもできますので、ご利用ください。

納税に便利な振替納税

振替納税は、指定された口座から納税額が自動的に引き落しされますので、非常に便利です。また、納税のために現金を持ち運ぶ必要がないので安心です。
振替納税は、税務署に口座振替依頼書を提出すれば利用できますので、是非ご利用ください。

【2018年分の振替納付日】

所得税及び復興特別所得税 2019年4月22日(月)
(通常の納期限:3月15日(金))
個人事業者の消費税及び地方消費税 2019年4月24日(水)
(通常の納期限:4月1日(月))

※振替納税を利用される方は、所得税及び復興特別所得税は3月15日(金)、消費税及び地方消費税は4月1日(月)までに税務署に手続きをしてください。なお、口座振替依頼書は、国税庁ホームページからダウンロードして入手できます。
※残高不足等で振替納付日に引き落としができない場合は、納税額とは別に延滞税が課されることがあります。
※贈与税は、振替納税をご利用いただけません。

確定申告に関してご不明な点がございましたら、所轄の税務署にお問い合わせいただくか、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)でご確認ください。

問合せ 新宿税務署 (〒163-0740 新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル6階)
Tel: 03-6757-7776(代表)
四谷税務署 (〒160-8630 新宿区四谷三栄町7-7)
Tel: 03-3359-4451(代表)

2019年2月25日