新宿区 Shinjuku CityHOME

言語が選択できます

新宿区HPこのページから離れて新宿区HPへ移動する

Menu
現在のページ
新宿区のホームページ > 外国語版トップページ > 暮らし > MUJI新宿にフードドライブの常設窓口を設置しました

MUJI新宿にフードドライブの常設窓口を設置しました

食品ロスの削減にご協力を

9月1日、区と㈱良品計画は、「食品ロス削減の推進等に関する連携協定」を締結しました。双方が相互に協力し、区内の食品ロス削減の推進等を図ることを目指した取り組みの一環として、MUJI新宿にフードドライブの常設窓口を新たに設置しました。ご家庭等で余った食品を活用しませんか。

問合せ ごみ減量リサイクル課ごみ減量計画係(本庁舎7階)
※日本語対応
TEL: 03-5273-3318
FAX: 03-5273-4070

設置場所

MUJI新宿(新宿3-15-15、新宿ピカデリー1階)
11:00~21:00
寄付したい食品を直接お持ちください。
※常設窓口について詳しくは、MUJI新宿(TEL: 03-5367-2710 ※日本語対応)へお問い合わせください。

受け入れ可能な食品

お米(白米)、パスタ、缶詰、インスタント・レトルト食品、嗜好品(お菓子・お茶等)、乾物(乾麺・海藻等)、アルコール類を除く飲料、調味料、乳幼児食品(粉ミルク・離乳食等)ほか

条件

・未開封で包装や容器が破損していない
・包装や容器を他のものに取り替えていない
・生鮮食品でない
・びん詰めの食品でない
・冷凍・冷蔵食品でない
・賞味期限の記載があり、期限が2か月以上先

「食品ロス」とは?

消費期限切れや賞味期限切れ、食べ残し、調理時に食べられる部分まで過剰に除去してしまう等の理由から、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。
国民1人あたり食品ロス量は1日に付き約130g(※)です。
※茶碗約1杯のご飯の量(2018年度推計値)

「フードドライブ」とは?

各家庭などで余った食品を持ち寄り、必要とする人々や施設等にボランティア団体やNPO団体が運営するフードバンク等を通じて寄付する活動です。

2021年9月25日