新宿区 Shinjuku CityHOME

言語が選択できます

新宿区HPこのページから離れて新宿区HPへ移動する

Menu
現在のページ
新宿区のホームページ > 外国語版トップページ > 暮らし > 家庭でできる夏の省エネ

家庭でできる夏の省エネ

夏は冷房機器の使用などにより、消費電力が多くなりがちです。夏の省エネの工夫を知り、環境・家計に優しい暮らしを実践しましょう。

エアコン使用時は設定温度や使用環境を工夫しよう

夏はエアコンの消費電力が日中の半分以上を占めます。「エアコンを頻繁につけたり消したりしない」「室外機の周囲に物を置かない」等、熱中症に注意しながら無理なく省エネしましょう。

室内に入ってくる熱を減らそう

室内に入ってくる熱の7割以上が窓 からです。遮熱対策は、カーテンやブラインドのほか、住宅の外側で日差しを遮る「みどりのカーテン」なども効果的です。

季節や時間に応じて冷暖房機器等の設定変更を

●夏は便座暖房を消し、洗浄温水は「低め」に設定する
●日中は照明を消し、夜間は点灯を最小限にする
●冷蔵庫の設定温度を、夏は「中」、春・秋・冬は「弱」に設定する
●テレビ画面の「輝度」を下げる、「省エネモード」に設定するほか

問合せ 環境対策課環境計画係(本庁舎7階)
TEL:03-5273-3763 ※日本語対応

2021年6月15日