新宿区 Shinjuku City

Menu
現在のページ
新宿区のホームページ > 外国語版トップページ > 暮らし > 地域の歴史や文化を未来につなげよう! 区指定・登録文化財・地域文化財

地域の歴史や文化を未来につなげよう! 区指定・登録文化財・地域文化財

区では区文化財保護条例に基づき、区内の文化財の保護と活用を推進しています。新たに決定した指定文化財2件、登録文化財1件、地域文化財2件を紹介します。

問合せ 文化観光課文化資源係(第1分庁舎6階)
Tel: 03-5273-4126 FAX: 03-3209-1500

指定文化財(2件)

区内の文化財のうち特に重要なものを、指定文化財として保護・活用しています。今回の指定で指定文化財は128件となります。

◇有形文化財(歴史資料)「幸国寺の日蓮聖人六百遠忌報恩塔(こうこくじのにちれんしょうにんろっぴゃくおんきほうおんとう)」
○原町二丁目20
○明治5年(1872)に建てられた、5メートルを超える大型の報恩塔で、台座の裏面には、ライオン像と英文が刻まれています。

日蓮聖人六百遠忌報恩塔

台座背面のライオン像

◇史跡「鏑木清方旧居跡(かぶらききよかたきゅうきょあと)」
○矢来町38-3
○日本画家・鏑木清方(1878~1972)が暮らした旧居跡です。「三遊亭圓朝像」(重要文化財)等、多くの作品をここで描きました。

登録文化財(1件)

区内の文化財のうち保存する必要があるものを、登録文化財として保護・活用しています。今回の登録で登録文化財は54件となります。

◇有形民俗文化財「幸国寺の題目塔(こうこくじのだいもくとう)」
○原町二丁目20
○寛政4年(1792)8月に建てられた総高400cmの区内で最大の題目塔です。

題目塔

地域文化財(2件)

区内の文化財のうち地域において守られてきたもので、地域の歴史を継承するために保存する必要があると認めるものを、地域文化財として保護・活用しています。今回の認定で地域文化財は45件となります。

◇地域文化財(文化・芸術)「文学座アトリエ(ぶんがくざアトリエ)」
○信濃町10
○昭和25年(1950)に建てられた、文学座の劇場兼稽古場です。杉村春子や芥川比呂志らが稽古に励み、本番に臨みました。

◇地域文化財(都市・産業、文化・芸術)「新宿園跡(しんじゅくえんあと)」
○新宿五丁目9-2
○箱根土地株式会社が開設した遊園地で、大正13年(1924)から大正15年(1926)までありました。現在は新宿園町会にその名を留めています。

当時の新宿園入口(『建築写真類聚』国立国会図書館デジタルアーカイブより)

2019年7月15日