新宿区 Shinjuku City

Menu
現在のページ
新宿区のホームページ > 外国語版トップページ > 保険・健康管理・福祉 > 9月24日~30日は結核予防週間

9月24日~30日は結核予防週間

結核は過去の病気ではありません

『遺したいものは、それですか?』
(平成30年度結核予防週間標語)

日本では毎年約1万7千人の方が結核を発病しており、1日に6人の方が結核で亡くなっています。
平成29年に新宿区では全国平均の2倍以上の方(人口10万人あたり)が発病しました。(グラフ参照)
また、結核罹患率は高齢者で高くなりますが、新宿区ではどの年齢層でも全国に比べて結核罹患率が高く、特に若年層で全国との差が大きい状況であり、若い方にとっても、決して他人事ではありません。

感染拡大を防ぐため、早期発見・早期治療を

結核の主な症状は、「継続する咳・痰」です。風邪と症状が似ており、区別がつきにくいですが、2週間以上症状が続く場合は、結核の可能性があります。すぐに呼吸器内科を受診しましょう。
他にも、微熱・倦怠感・体重減少・血痰などの症状が出ることもあります。
咳が出る時は、マスクをして周囲にうつさない心遣いも大切です。

お子さんの予防接種をお忘れなく

BCGワクチンは結核に対するワクチンで、乳幼児期の重症結核に対して高い予防効果があります。
現在は、生後5~8か月未満での接種をお勧めしています。区が発行する「予防接種予診票」をお持ちの上、23区の指定医療機関で接種してください。予診票がお手元にない方は、保健予防課予防係(第二分庁舎分館1階)Tel: 03-5273-3859へお問い合わせください。

問合せ 保健予防課保健相談係(第二分庁舎分館1階)
Tel: 03-5273-3862
FAX: 03-5273-3820

2018年9月15日